DataMan 150/260 シリーズ|工業用バーコードリーダ、QRコードリーダ、外観・画像検査装置[コグネックス株式会社 ]

  • TEL 0120-301-448 受付時間平日9:00〜17:30
  • デモ機依頼
  • お問い合わせ


バーコード・QRコードリーダ


DataMan 150/260 シリーズ

最も困難な一次元および二次元バーコードの高速読み取り

 

DataMan 150/260 シリーズ固定式画像ベースのバーコードリーダは一次元バーコード、高密度な二次元マトリックスコード、またはダイレクトパーツマーク(DPM)の読み取りにおいて、今までにない性能、柔軟性、および使いやすさを提供します。

 

高い読み取り率を実現する

 

DataMan 150/260 シリーズ固定式バーコードリーダは、最新のコグネックスアルゴリズムを実行する高速デュアルコアプロセッサを搭載し、高い読み取り率を実現します。 Hotbars II™ を装備した 1DMax™ と特許申請中の PowerGrid™ テクノロジを採用した 2DMax® は、コードの品質、印字方法、表面の状態に関わらず、一次元および二次元コードを解読し、外周やクワイエットゾーンがはっきりしない二次元コードも読み取ります。

 

狭い場所への取り付けに最適

 

DataMan 150/260 シリーズモデルは、ストレートまたは直角型の形態にすることも可能で、小さなスペースへ設置することもでき、設備の再設計、複雑な配線、ミラーを用いた光路変更など設置の労力やコストを簡素化します。

 

設置の時間短縮と所有コストの削減

 

モジュール式照明と光学オプションで DataMan 150 と 260 シリーズのレンズ交換や照明変更が簡単になりました。設置の時間や労力の削減のみでなく、アプリケーションごとに性能を最適化し、変化に対応することにより、バーコードリーダへの投資を無駄にしません。 例えば、最適な画像を取得するために、適切な波長を選択する場合、新しいバーコードリーダを購入しなくても内蔵の照明を変更するだけで対応できます。同様に、リーダをコードから遠くに移動しなければならない場合は、標準の6.2mmレンズから16mm S.H.D. レンズに交換するだけです。さらに、両方の焦点距離にリキッドレンズオプションを適用可能で、ユーザに迅速な焦点合わせの機能を提供します。

 

使いやすいチューニングとトリガボタン

 

チューニングとトリガボタンを使用すればPC または HMI を使わずにすべてのアプリケーションのセットアップが可能で、リーダを取り付け後、チューンボタンを押すだけです。ラベルベースのコードまたはDPMコードの場合でも、自動的に焦点合わせ(リキッドレンズの場合)、明るさの調整を行いコードの登録まで行います。 リーダのチューニングが済んだら、トリガボタンでリーダの設定が完了したことを確認します。ビープ音またはLEDランプの点灯により、コードが正しく読み取られたことが一目瞭然です。

 

DataMan 100/200 シリーズへの取り付けに最適

 

DataMan 150/260 シリーズのリーダは、DataMan 100/200 シリーズのバーコードリーダと同じ取り付け位置とピン配置を使用しています。これにより、アダプタプレートを使用せず、取り付け穴と配線を変更せずに、既存の DataMan 100/200 アプリケーションに簡単に取り付けることができます。 リーダの読み取り対象コードとの距離が同じであるため、達成されるFOVが同じになり、マシンレイアウト、ハードウェア、またはアプリケーションの変更は必要ありません。

最新モデルの概要をまとめた記事はこちら

 

| 製品ラインナップTOP |

デモ機依頼・お問い合わせはこちら

TEL 0120-301-448 受付時間平日9:00~17:30

〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコート23F

  • デモ機依頼
  • お問い合わせ
  • 製品資料・カタログはこちら
  • 資料・カタログダウンロード

PAGETOP