バッテリー製造K社|工業用バーコードリーダ、QRコードリーダ、外観・画像検査装置[コグネックス株式会社 ]

  • TEL 0120-301-448 受付時間平日9:00〜17:30
  • デモ機依頼
  • お問い合わせ


お客様導入事例


HOME > お客様導入事例 > バーコードリーダ > バッテリー製造K社

バッテリー製造K社

バッテリー製造K社

様々な素材に印字されたバーコードに、
ワンストップで対応できた!!
読み取りから部品表登録まで、設備投資も工数も半分に削減

バッテリー製造業K社

お客様データ

業種年商従業員数部署
バッテリー製造 400億円 1,500名 資材・物流部門

製品導入の背景

世界各国でその発生が予測できない災害や事故等による部材の調達不能リスクを軽減するために、モノづくり企業は世界中の部材・部品メーカーから、資材を分散して調達し、JIT(Just in Time)で安定した生産、出荷を推進しています。

課題

課題1 紙用のバーコードリーダだけでは入庫管理が追いつかなくなってきた
課題2 複数のリーダを使うことによるデータ統合の工数と手間、ミス発生の懸念がある

課題解決のポイント

ポイント1 印字面の素材、印字状態に関係なく各種コードを1台のリーダで読み取れるシステム
ポイント2 ハンディタイプでメモリ、予備バッテリー内蔵のため使い勝手が良く、入庫管理に柔軟に対応できるシステム

納入部品の検品作業に問題。バーコードの印字素材ごとにリーダを変えなくては

導入事例、バッテリー製造K社

車両向けの各種バッテリーの製造を手がけるK社。主要顧客である自動車メーカー向けに安定した製造を実施するため、部材の調達を徐々に世界規模に広げていました。
しかし、調達先が増えることでK社の資材部門では新たな問題が発生していたのです。

今までは検品する際のバーコードは紙に印刷されたものがほとんどのため、紙用のリーダを準備していました。しかし、調達先によってはプラスチックや ガラスにマーキングされたものや、金属部分に直接打刻されたコードがあり、今のリーダではまったく対応できなくなってしまったのです。

部品の入庫管理は、今後ますます正確でスピーディーな対応が求められると判断した資材部は、4種類のバーコードリーダを追加購入することを検討しました。

バーコードが増えるとデータの統合など、また新たな問題が

「素材に合わせて複数のリーダを調達しても、在庫を一元管理するためには、それぞれのデータを統合する必要があります。一元化への工数と手間、フォーマットが違うためミス発生のリスクなど課題が山積していました」と、K社資材調達マネージャーH氏。
データの統合以外にも、追加するリーダの購入コストや操作トレーニング工数など、どう進めたら良いか、なかなか決断ができませんでした。

 

1つのリーダで全てのコードが読め、データ統合の必要もない!画期的なテクノロジーとは

導入事例、バッテリー製造K社

紙用のリーダを購入した販売代理店に相談したところ、「1台のリーダであらゆるコードが読み取れ、データ統合の心配がない機種があります」と、コグ ネックス社のDataManシリーズを紹介されたH氏は、シリーズの中でも機動力のあるハンディタイプのリーダDataMan 8000シリーズに注目し、K社で読み取りデモを実施することにしました。

実際に読み取りを実施すると、紙は勿論、プラスチック・ガラス・金属等の各種素材にマーキングされた全てのバーコードを難なく読み取ってしまいました。
その理由について代理店の担当者は「DataMan 8000シリーズは、コグネックス社が独自に開発した優れた読み取りアルゴリズムを全てのDataManシリーズに搭載しており、圧倒的な読み取り率の高さを発揮します。

さらに、業界初のリキッドレンズ技術を採用したオートフォーカス機能を備えているため、バーコードのサイズに関係なく瞬時に焦点を合わせ てスピーディーな読み取りが可能です。

また、コグネックスの特許技術であるUltraLight照明を使用すれば、どんな状態やタイプ、環境での読み取りにも最適な照明条件が簡単に設定できます。DataManは、コグネックス社の調べでも99.9%の読み取り率を誇っており、その良さを認めた世界中の先 進的な企業は、既にDataManを使いこなしています」と簡単な図(図1)を見せて説明しました。

導入事例、バッテリー製造K社

また懸念していた部材データの統合についても、これ1台で全て読み取れることから、統合作業が全く必要ないことも実証できました。
さらにDataManは、ソフトウェアをバージョンアップすれば、本体を買い換えなくて良いマルチマテリアル対応のため、将来の設備投資や工数を試算したところ、想定の半分のコストで利用できることもわかりました。

早速H氏は5台の試験導入を決定し、半年後にはリーダを全てDataManに統一しました。
現在も安定したモノづくりの現場をDataManが支えています。

製品ラインナップ

| バーコードリーダTOP |

デモ機依頼・お問い合わせはこちら

TEL 0120-301-448 受付時間平日9:00~17:30

〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコート23F

  • デモ機依頼
  • お問い合わせ
  • 製品資料・カタログはこちら
  • 資料・カタログダウンロード

PAGETOP