COGNEXのとりくみ|工業用バーコードリーダ、QRコードリーダ、外観・画像検査装置[コグネックス株式会社 ]

  • TEL 0120-301-448 受付時間平日9:00〜17:30
  • デモ機依頼
  • お問い合わせ


COGNEXのとりくみ


HOME > COGNEXのとりくみ

COGNEXのとりくみ

奉仕活動:理念

コグネックスは社会貢献プログラムを通じて地域社会に貢献しています。このプログラムでは、コグネックスの拠点のある北米地域でさまざまな地域活動を支援しています。

コグネックスの社会貢献プログラムは、社訓「work hard, play hard, and stay healthy(勤勉、活動、健康第一)」を反映してます。コグネックスは常にこの社訓をサポートしています。

コグネックス社会貢献ガイドライン

コグネックスは、社会貢献プログラムを通じて数々の地域団体を支援しています。

コグネックスは、マサチューセッツ州ネイティック、カリフォルニア州アラメダ、オレゴン州ポートランド、ジョージア州ダルース、そしてコグネックス北米本社のあるウィスコンシン州ミルウォーキーの団体およびプログラムに寄付をしています。

 

コグネックスの社会貢献プログラムにより行われた寄付は、同社の方針である「work hard, play hard, and stay healthy(勤勉、活動、健康第一)」を反映しています。例えば、「Work Hard」では、地域の小学校のネットワーク構築を支援したり、中学校の科学研究室に新しい器材を購入するなど教育面の支援を行っています。「Play Hard」では、地域イベントのスポンサーとして子供ハロウィンパーティやパレード、地域住民対象のコンサート、高校卒業パーティなどの楽しい式典を後援しています。「Stay Healthy」では、主にAmerican Cancer Society(米国癌協会)を支援し、ろうあまたは視覚障害者の支援団体の支援(コグネックス製のビジョンシステムおよびセンサを活用)および地域社会に役立つ救命道具の提供などを行っています。

 

慈善寄付の詳細については年に1回検討をしています。ご希望の団体は、その目的、具体的な活動内容を明記して9月15日までにコグネックスまでご送付ください。内容を検討の上、12月までにご連絡いたします。

 

申し込み先 Corporate Donations, c/o Corporate Communications Department, Cognex Corporation, One Vision Drive, Natick, MA 01760

 

コグネックスの社会貢献活動に関するお問い合わせは(508) 650-3384まで。

コグネックス提供:過去のプロジェクト

コグネックスの企業献金プログラムは、社訓「work hard, play hard, and stay healthy(勤勉、活動、健康第一)」を反映してます。コグネックスは常にこの社訓をサポートしています。

Work Hard(勤勉)

Work Hardとなるために、コグネックスは、特に技術、科学、数学分野における学習および教育を奨励するプログラムを支援しています。以下のようなプロジェクト行ってきました。

  • Morse Institute Libraryのコグネックスコンピュータラボ
    コグネックスはネイティックライブラリのコンピュータ購入を支援してコグネックスコンピュータラボを開設しました。ここでは、誰もが使えるコンピュータやインターネット接続、さらにはコンピュータ実演クラスに持ち込み可能なコンピュータを無料で提供しています。
  • アラメダ 教育基金
    コグネックスはカリフォルニア州アラメダのサイエンスクラスに新しい装置を購入する教育機関とパートナー提携をしました。
  • 最初のロボットチームパートナーシップ
    コグネックスのスポンサー提携で、ミルウォーキー、ウィスコンシン、ダルース、ネイティック、マサチューセッツの中学生および高校生が初めてロボット大会とレゴ大会に参加できるようにしました。
    このような国内大会はして成果を競います。

Play Hard(活発)

Play Hardとなるために、コグネックスは、地域の行事や祭事、その他のイベントを促進させるためのスポンサーになっています。 過去には以下のようなプロジェクトを行っています。

  • ネイティック スプークタキュラー
    コグネックスの本社があるマサチューセッツ州ネイティックの住民は無料の子供向けハロウィーンパーティを毎年開催しています。
  • 野外コンサート
    マサチューセッツ州ネイティックの住民に無料の夏季野外コンサートを毎年開催しています。

Stay Healthy(健康第一)

Stay Healthyするため、コグネックスは、米国癌協会の協賛するろうあ支援組織に寄付をしたり、町や市に救命道具を購入したりして地域社会に貢献しています。

  • 視力向上のための オレゴン基金
    コグネックスはオレゴン州ポートランド市と提携して、視力の悪い子供を対象にした視力検査やメガネ購入の経済的支援をしています。
  • ネイティック 市消防署
    コグネックスは、マサチューセッツ州ネイティック市の消防署に協力して、煙の多い、または暗い場所で被害者を検知したり、燃える建物の炎を検知したりできる救命装置となる熱検知カメラの購入を支援しました。

環境問題への取り組み

環境問題への取り組み

コグネックスは、資源とエネルギーの保存と安全な処理および危険物の廃棄について責任をもって運用に取り組んでいます。

コグネックスは、EU(European Union)の特定有害物質使用制限指令(RoHS:Restriction of Hazardous Substance)および廃電気電子機器(WEEE:Waste Electrical and Electronic Equipment)指令を含む、すべての法律および規制の準拠に努力しています。コグネックスには、製造とサービスにおいて危険有害物質の使用を減らすための正式なRoHSおよびWEEE準拠プログラムがあり、電子および電気機器の適切な廃棄および再利用を実現しています。

コグネックスは、協力会社にも同じゴールを目指すよう指導しています。コグネックスでは、製造工程において、品質・性能・価格といった重要なファクタの他に環境への影響に対して配慮することも重視しています。

顧客、サプライヤ、社員がコグネックスの次世代のための環境の保護への取り組みについて、是非ご理解いただきたいと思います。

特定有害物質使用制限指令(RoHS)のコンプライアンス

RoHS指令は、電子および電気機器における危険性物質の使用を規制しています。コグネックスは、鉛、水銀、カドミウム、クロム、およびその他指定危険有害物質の使用を排除してRoHSの準拠を実現しています。

時には、RoHS準拠部品の不足や製品がその寿命に近い場合など、特定の製品で対応できない場合もあります。このような場合、コグネックスは、RoHS要件を満たす別の製品と取り替える、あるいは、製品移行計画を顧客に提案するなどの対応をとっています。2005年7月以降に開発されたコグネックスの製品はすべて、RoHSに準拠しています。

廃電気電子機器(WEEE)指令

コグネックスは増え続けるごみ廃棄場のWEEE廃棄物を減らし、再利用を奨励するWEEE指令の実施を全面的に支援しています。

コグネックスの製品は、高い信頼性を持ち長期利用できるように設計・製造され、WEEE指令で設定される基準で検査されています。電気機器廃棄による環境への影響を低減するため、可能な限り製品を修理しています。修理ができない場合に限り製品を廃棄するよう顧客に指導しています。コグネックスは、主要なEU加盟国にWEEE指令の要件に準拠していることを認められています。EU加盟国である顧客がコグネックスの製品を廃棄する場合は、必ずテクニカルサポートに連絡して指示を仰ぐ必要があります。

コグネックスのビジョンはなぜ環境にやさしいか

コグネックスのビジョンは、生産活動が環境にもたらす悪影響を軽減する有効な手段です。

ビジョンは廃棄物を減らし、資源を保護します。

ビジョンを使う企業は、不良品を削減することにより資源を有効に利用しています。

ビジョンはエネルギーを節約します。

ビジョンの活用により生産効率が向上し無駄な作業工程が取り除かれるため、エネルギーの使用量が削減できます。

ビジョンは不良品と返品を減らします。

お客様に商品をお届けする前に全商品が良品であることをビジョンで確認すれば、返品や不良品の廃棄に費用を要することもありません。

デモ機依頼・お問い合わせはこちら

TEL 0120-301-448 受付時間平日9:00~17:30

〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコート23F

  • デモ機依頼
  • お問い合わせ
  • 製品資料・カタログはこちら
  • 資料・カタログダウンロード

PAGETOP