GIGI: 位置決め、識別、計測、検査|工業用バーコードリーダ、QRコードリーダ、外観・画像検査装置[コグネックス株式会社 ]

  • TEL 0120-301-448 受付時間平日9:00〜17:30
  • デモ機依頼
  • お問い合わせ



HOME > マシンビジョンの基礎知識 > GIGI: 位置決め、識別、計測、検査

マシンビジョンアプリケーション

GIGI: 位置決め、識別、計測、検査

ごくシンプルなアセンブリの検証や、ロボットを使った複雑な三次元ビンピッキングなど、どのようなマシンビジョンアプリケーションでも、通常、最初のステップは、パターンマッチングテクノロジを使用して、カメラの視野から目的の対象物や特徴を検出することです。目的の対象物の検出が成功/失敗を左右することはよくあります。パターンマッチングソフトウェアツールが画像からパーツを正確に検出できなければ、パーツのガイド、識別、検査、カウント、測定はできません。パーツの検出といえば単純そうに感じられますが、実際の製造現場におけるパーツの外観の違いにより、このステップが非常に困難になることがあります (図 3)。ビジョンシステムは登録されたパターンに基づいて部品を認識しますが、厳密に制御された工程であっても、部品の外観にはばらつきが生じます (図 4)。

正確で信頼性が高く、再現性のある結果を得るために、ビジョンシステムの位置決めツールには、生産ラインを流れていく実際の対象物と登録パターンをすばやく正確に比較 (パターンマッチング) できる能力が必要です。位置決めは、マシンビジョンアプリケーションの 4大カテゴリにおける重要な最初のステップです。

 

以下が4大カテゴリになります。

 

頭文字をとって「GIGI」と呼ばれることもあります。

デモ機依頼・お問い合わせはこちら

TEL 0120-301-448 受付時間平日9:00~17:30

〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコート23F

  • デモ機依頼
  • お問い合わせ
  • 製品資料・カタログはこちら
  • 資料・カタログダウンロード

PAGETOP