位置決め|工業用バーコードリーダ、QRコードリーダ、外観・画像検査装置[コグネックス株式会社 ]

  • TEL 0120-301-448 受付時間平日9:00〜17:30
  • デモ機依頼
  • お問い合わせ



位置決め

位置決めを行う理由はいくつか考えられます。まず、マシンビジョンシステムはパーツの位置と向きを検出し、指定された許容値と比較して、正しい角度であることを確認することで、 アセンブリが適切に行われていることを検証します。次に、位置決め使用して、二次元または 三次元空間でのパーツの位置と向きをロボットもしくはマシンのコントローラに報告し、ロボットがパーツを見つけられる、またはマシンがパーツを並べられるようにします。マシンビ ジョンのガイダンスは、パレットにパーツを並べる、パレットからパーツを降ろす、ベルトコンベヤからパーツを降ろして梱包する、ほかのコンポーネントとのアセンブリ用のパーツを見 つけて並べる、作業棚にパーツを置く、容器からパーツを取り出すなどの作業を、人間の手で行うよりもはるかに速く、正確に完了できます。

また、位置決めはそのほかのマシンビジョンツールとの連携にも使えます。製造中、カメラに 対してパーツがどのような向きになるかは分からないため、これは非常に強力なマシンビ ジョン機能だと言えます。パーツの位置を発見し、ほかのマシンビジョンツールに連携させることで、マシンビジョンは自動ツールフィクスチャを実行できるようになります。これには、 パーツの重要な特徴を検索して、キャリパ、ブロブ、エッジなどのビジョンソフトウェアツールを正確にパーツと連動させる作業が含まれます。これにより、メーカーは同じ生産ラインで複数の製品を組み立てられるようになり、検査中にパーツの位置を固定するための高価な設備は必要なくなります。

位置決めでは、幾何学パターンマッチングが必要になることがあります。パターンマッチングツールは、コントラストや照明の大きなばらつきや、スケール、回転などの係数の変化を容認しながら、毎回、確実にパーツを検出できなければなりません。これは、パターンマッチングで取得された位置情報が、そのほかのマシンビジョンソフトウェアツールとの連携を実現するからです。

デモ機依頼・お問い合わせはこちら

TEL 0120-301-448 受付時間平日9:00~17:30

〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコート23F

  • デモ機依頼
  • お問い合わせ
  • 製品資料・カタログはこちら
  • 資料・カタログダウンロード

PAGETOP