マシンビジョンの照明|工業用バーコードリーダ、QRコードリーダ、外観・画像検査装置[コグネックス株式会社 ]

  • TEL 0120-301-448 受付時間平日9:00〜17:30
  • デモ機依頼
  • お問い合わせ



マシンビジョンの照明

マシンビジョンで良い成果を上げるには、照明も重要です。マシンビジョンシステムは、対象物自体を分析するのではなく、対象物が反射した光を分析することにより、画像を作成します。照明方法には、パーツとカメラに対する光源とその配置が関係します。ある照明方法では、特定の特徴を目立たなくし、別の特徴を引き立てて、画像を強調します。たとえば、 パー ツの輪郭だけを見せ、表面の細部が分からないようにすると、エッジを測定しやすくなります。



バックライト照明


バックライト照明は、外側またはエッジの計測だけを必要とするアプリケーションで、対象物の 輪郭を際立たせます。これにより、形状が検出しやすくなり、寸法の計測の信頼性が高まります。

 







同軸拡散照明


同軸拡散照明は、側面から光路に向かって (同軸上に) 光を結合します。側面から照らされた半 透明の鏡が、下にあるパーツに向かって光を当てます。パーツが反射した光は半透明の鏡を透 過してカメラに戻ります。この結果、極めて均一に光の当たった、均質な見た目の画像ができあ がります。

 






構造化照明


構造化照明では、既知の角度で対象物に向かって照明パターン (フラット、グリッド、または複雑 な形状) が投影されます。コントラストの影響を受けない表面の検査や寸法情報の取得、体積量 の計算には非常に便利です。



暗視野照明

 

表面の欠陥を際立たせる指向性照明には、暗視野証明と明視野照明の 2 種類があります。暗視野照明は、一般に、コントラストの低いケースで好んで用いられます。暗視野照明では、カメラから離れた場所に設置された照明が浅い角度で対象物を照らし、その拡散光をカメラが受光します。

 








明視野照明

 

明視野照明は、コントラストの高いケースに向いています。ただし、高圧ナトリウムランプや石英ハロゲンランプなど光源の指向性が強い場合には、影が鮮明になることが多く、通常、視野全体にむらなく照明を当てることができません。したがって、光沢のある表面や反射面上のホットスポットや鏡面反射では、明視野に均一な照明を提供するために、より拡散した光源が必要になることがあります。

 





拡散ドーム照明

 

拡散ドーム照明は、対象となる特徴に最も均一な照明を当てることができます。また、検査対象外で、シーンの背景ノイズとなる可能性のある異常を目立たなくすることもできます。

 






ストロボ照明

 

ストロボ照明は、移動中の対象物を静止させて検査する必要のある高速アプリケーションに使用されます。また、ピンぼけの予防にも、ストロボ照明が役立ちます。

デモ機依頼・お問い合わせはこちら

TEL 0120-301-448 受付時間平日9:00~17:30

〒113-6591
東京都文京区本駒込2-28-8
文京グリーンコート23F

  • デモ機依頼
  • お問い合わせ
  • 製品資料・カタログはこちら
  • 資料・カタログダウンロード

PAGETOP